Saturday, January 19, 2008

ポール・ウェラー - Paul Weller

ポール・ウェラー(Paul Weller、本名John William Weller、1958年5月25日-)はイギリスのミュージシャン。ザ・ジャム、スタイル・カウンシルを経てソロ活動に。愛用ギターはエピフォン・カジノ(2PUタイプ)とギブソンSG。

略歴 - Bio
1977年にザ・ジャムのボーカリスト、ギタリストとしてデビュー。当時流行のパンク/ニューウェーブの人気バンドとなった。ザ・ジャムはポール・ウェラーの生まれた町ロンドン郊外サリー、ウォキングでビートルズなどのカバーなどをしていたパーティ・バンドであった。結成当時はポールがベース、ブルース・フォックストンとスティーブ・ブルックスがギター、リック・バクラーがドラムスというフォーピースであったが、スティーブの脱退と共にポールがギターを、ブルースがベースを担当するようになる。セックス・ピストルズのライブにインスパイアされ、モータウンなどのR&Bを高速で演奏するスタイルになっていき、やがてオリジナル中心になり、1977年4月29日にファースト・シングルIn The Cityをリリース、いきなりナショナルチャート入りを果たす。1980年3月には10枚目のシングルGoing Undergroundを全英チャート#1に送り込み、名実共に全英#1バンドとなった。ポールの音楽志向はこの後、よりR&B、ファンクをはじめとする多様な音楽展開を見せ、1982年3月リリースの6枚目そして最期のアルバムThe Giftでは大胆なホーンセクションの導入などより黒くなっていった。モータウンへのレスペクトをダイレクトにあらわしたシングルTown Called Malliceも全英チャート#1(三枚目)となったが、もはやThe Jamであることの意義がなくなったため、わずか6年という短い期間ではあったが、その頂点でポールはザ・ジャムを解散することとなる。最期のギグは1982年12月11日にModsの聖地であるブライトンで行われた。

より黒さを追求するウェラーはネオ・モッズ・バンドマートン・パーカスのオルガンプレイヤーであるミック・タルボットとともにスタイル・カウンシルを結成。1983年5月にファースト・シングルSpeak Like A Childを発表、ザ・ジャム時代のファンを大きく裏切るソウル・R&Bの影響が濃いブラック・コンテンポラリー的な音楽性にシフトし、硬派なイメージだったジャム時代とは打って変わってPOPなイメージで人気を博した。しかしながらそのイメージとは反対に、歌詞は当時のサッチャー体制に対してラディカルなもので政治指向をより明確にした。スタイル・カウンシルはアルバムOur Favourite Shopを1985年にUKチャート#1にするが、その後その音楽の多様性により方向性を見失い、ハウス色の強いアルバムModernism-A New Decadeを製作するもポリドールからリリースを拒否され、終には1989年には解散する。

1991年にはポール・ウェラー・ムーブメント名義でソロ最初のシングルInto TomorrowをFreedom Highレーベルを立ち上げ自主制作リリース、ライブ活動をザ・ジャム、TSC時代には考えられなかった小さなホールやクラブで行なった。スタイル・カウンシル時代には決して演奏しなかったザ・ジャム時代の曲も演奏している。日本でもクラブチッタ川崎などでクラブ・サーキットを行った。 1992年、自身の名前を冠したソロアルバムを日本のポニーキャニオンより発表。イギリス本国ではレコード契約ができず、日本に遅れること約半年後Go!Discsより発表。当時彼は本国ではメインストリームではなく、完全にマイナー・アーティスト扱いであったが日本では本国よりもヒットした。 1995年にはソロ時代初の#1アルバムStanley Roadを発表、完全復活を果たした。その後も定期的にアルバムを発表し、ザ・フー、スモール・フェイセズ、トラフィック、ニール・ヤング、ドクター・ジョンなどにインスパイアされたルーツ・ミュージック色の濃い作品も発表するようになった。オアシスやブラー、オーシャン・カラー・シーンなど彼をリスペクトする若い層もでてきており、イギリスを代表するロック・アーティストとしての地位を確立している。 2006年にはブリット・アウォーズで功労賞を受賞。ザ・ジャム時代の曲もパフォーマンスしてみせた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

こちら:ここ

Labels:

Links to this post:

Create a Link

<< Home